消費者金融 審査

おすすめの消費者金融ランキング

アコム
アコム はじめてのアコムのフレーズでおなじみの、三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは大手ならではの知名度と豊富なサービスで人気です。

WEB上で3秒でわかるお試し審査もあり、申し込みからから契約まで来店不要で完了できます。
本審査の回答も業界最速クラスの30分です。
お借入れに不安がある方も、24時間体制のフリーダイヤルサポートがありますし、三菱UFJフィナンシャルグループなので安心です。

 

実質年率 ご融資額 融資スピード
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 最短30分

モビット
モビット お金を借りる時、不安要素は色々ありますが、三井住友銀行グループのモビットは、初めての方でも安心のカードローンです。

原則午後7時までに申し込みで、審査結果をその日のうちに確認できます。
限度額によって6つの金利プランがあって、とても分かりやすいのも特徴です。
振込キャッシングならカードが届く前にご利用いただくことも可能です。
(振込キャッシングは平日14:50までに振込手続き⇒3分程度でお振込が可能です。)

 

実質年率 ご融資額 融資スピード
4.8% 〜 18.0% 1万円〜500万円 10秒で結果表示

プロミス

三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはWEB契約であれば申し込みから融資まで即日で対応してくれます。
また、ポイントサービスの登録を行えば30日間無利息のキャンペーンを受けることができます。
お金を借りるときもプロミスのATMだけでなく提携会社のATMで出金することができるので、急にお金が足りなくなったときも安心です。
(即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要です。)

 

実質年率 ご融資額 融資スピード
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
(平日14時までにWEB契約完了が必要)

三菱東京UFJ銀行カードローン
業界最大手の三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、やはり銀行系が安心という方にとって最適のカードローンです。

借り入れもコンビニや三菱東京UFJ銀行各店舗ATMから簡単に行えます。
迅速な審査で即日融資も可能となっています。
安心感があり低金利で利用したい方に特に選ばれています。
最短30分で審査OKです。

 

実質年率 ご融資額 融資スピード
4.6%〜14.6% 10万円 〜 500万円 最短即日

レイク

新生銀行のレイクは、対応も親切で安心です。
毎月の返済は提携先の銀行やコンビニATMで可能で、来店不要の即日振込もできます。
登録すれば、返済日お知らせメールをもらうことも出来ますから、返済日を忘れる心配もありません。
本審査を受ける前に、まず借り入れ可能かがわかるお試し審査をおすすめします。
2種類から選べる無利息期間もあり便利です。

 

実質年率 ご融資額 融資スピード
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円 最短即日

キャッシング関連サイトのご紹介

お金 すぐ(http://www.fy-fasteners.com/)
とにかくお金を急いで借りたいという方に頼りになる今日申込んで今日借りられるキャッシングの情報サイトです。

 

教えてgoo・キャッシング(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4761008.html)
キャッシングについて寄せられた質問を見てみませんか?もちろん新たに質問もOKです!

消費者金融の審査について

2010年に貸金業法が改正され、消費者金融の取り巻く状況は一変しました。
まず、以前より指摘されていた高いグレーゾーン金利は完全撤廃され、利息制限法と同じ低金利に変更されました。
そして、一昔前はよく見受けられた過剰な貸付けも総量規制が設けられたことにより、なくなりました。
ですから、以前消費者金融を利用していて、もう二度と利用したくないと思っていた方がいらっしゃいましたら、以前のような消費者金融ではもうありませんので、もう一度利用してみることをお勧めします。
このようにクリーンで利用しやすい消費者金融を利用したいという方のために、こちらで審査に関して行っておいた方がよいポイントをご紹介したいと思います。
消費者金融の審査で気をつけていただきたいのが、申込書の記入についてです。
申込書には名前や生年月日、住所、勤務先など事細かに記入するようになっています。
そこで絶対に虚偽申告はしないでいただきたいのです。
虚偽申告とは、事実とは異なる内容を記入し消費者金融側に提出するということです。
申込書に嘘を書いて提出するということは、申込人自体が嘘つきとみなされてしまうからです。
消費者金融は基本的に個人向けのローンを信用貸しで融資しています。
だから保証人や担保を無しでお金を貸してくれるのです。
唯一担保にするものといえば、申込人の信用度です。
目に見えない信用を担保にお金を貸すわけですから、当然嘘をついた時点で信用がない人と烙印を押されてしまいます。
信用貸しにおいて、信用できない人というのはお金を貸すというのに値しない人となりますから、虚偽申告が判明した時点で審査に落ちてしまう確率がうんと高くなります。
さらに申し上げますと、申込書の中で一番虚偽申告が行われやすい箇所というのがあります。

それは他社の借入状況申告欄です。
消費者金融の申込書には必ずと言っていいほど、他社の借入状況申告欄があります。
やはり、他社の借入件数や金額は少ない方が印象は良いですし、無いに越したことはありません。
そういった情報を聞きかじっている人が、本当は他社4件100万円あるのに、1件50万円や0件などと時折申告してしまうようです。
しかし、この他社の借入状況に関しては信用情報機関を通じて情報照会が行われるため、バレてしまう嘘になります。
信用情報機関には、他社の借入状況などの情報が記載されており、キャッシングの審査では必ず照会しなければなりません。
もちろん本人の同意がなければ照会ができませんが、同意をしない場合はキャッシング自体できないということになりますので、キャッシングしたければ同意をしなければならないのです。
このようにキャッシングには信用情報機関の照会はつきもので、申込書に記載した嘘はここでバレてしまうようになります。
この点を気をつけておけば、スピーディーに申し込みから融資まで手続きができる消費者金融になりますので、ぜひ申し込みしてみてはいかがでしょうか。